夜の街をさまよう少女らを描いた「難民高校生」の著者が講演 「関係性の貧困」が背景にあり、非行や家出は「助けて」の合図 安心した日常生活が必要で、大人から声掛けし現状を知って