【平安名純代・米国特約記者】米国防総省のウォレン報道部長は18日(現地時間)、記者団に対し、ハワイ州で17日に起きた海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの事故後も、沖縄や日本でのオスプレイ運用計画に変更はなく、飛行を継続する方針を示した。