大型の台風18号は17日、九州に上陸後、四国、近畿に再上陸した。各地を暴風域に巻き込みながら日本列島を縦断。猛烈な雨が降るなど西日本を中心に大荒れの天気になった。河川の氾濫や家屋の浸水被害が相次ぎ、大分県では土砂崩れで道路が寸断され500人以上が孤立状態になった。土砂崩れは香川県でも発生した。