安倍晋三首相が政権の新たな目玉政策と位置付ける「人づくり革命」の議論が始まった。 柱となるのは教育の無償化、高齢者雇用、社会人が学び直す「リカレント教育」などである。 有識者らでつくる「人生100年時代構想会議」が、年末までに中間報告をまとめ、来年6月をめどに基本構想を策定する。