【伊江】沖縄戦の前後に村民が移民した南米のブラジル、ボリビア、アルゼンチンを訪ねる村主催の「世界のイージマンチュ交流派遣団」が12日間の派遣期間を終え、8月19日に帰国した。派遣団は各国で熱烈な歓迎を受け、交流会で互いの絆を確認。久々の再会や故郷伊江島の話に、感極まって涙する人々の姿もあった。