固有の生態系を持ち“希少種の宝庫”とも称される沖縄。だが実は、希少種保護条例の制定では他都道府県に後れをとっている。環境省によると、同条例を制定済みなのは2011年時点で31都道府県に上り、その後も増えている。(1面参照) 環境省が現在、種の保存法で保護の対象に指定するのは208種のみ。