沖縄タイムス+プラス ニュース

県・那覇・浦添、軍港移設推進で一致 11月再び会談へ

2017年9月20日 08:04

 米軍那覇港湾施設(那覇軍港)の浦添埠頭(ふとう)内への移設を巡り、翁長雄志知事と浦添市の松本哲治市長、那覇市の城間幹子市長の3者が19日、県庁で初会談し、移設を協力して推進していくことを確認した。その上で、浦添が市内の議論を集約し10月に提示する予定の移設案を踏まえ、11月中に改めて3者会談を開くことを決めた。

会談後、記者団の質問に答える(左から)松本哲治浦添市長、翁長雄志知事、城間幹子那覇市長=19日、沖縄県庁

(資料写真)米軍那覇港湾施設(那覇軍港)

会談後、記者団の質問に答える(左から)松本哲治浦添市長、翁長雄志知事、城間幹子那覇市長=19日、沖縄県庁 (資料写真)米軍那覇港湾施設(那覇軍港)

 会談後、翁長知事は「那覇軍港を早めに移設することは県、那覇市、浦添市で方向性が一致した」と説明。松本市長は「(軍港の)受け入れ先として、市民のさまざまな思いもある。そこを2人に理解いただき、なおかつ浦添側の一方的な計画にならないよう県益全体のことも考えた案を出したい」と話した。城間市長は「浦添市の案が公の場に出た際に、しかるべき話し合いができれば」と述べた。

 3者会談は、軍港の移設位置などを協議するために松本市長がことし2月に翁長知事へ要請し、日程を調整していた。

 那覇軍港の浦添移設を巡っては、浦添埠頭内で軍港と民間港を分離して配置する北側案に対して、浦添市側は軍港と民間港を一体で整備する南側案を主張し、那覇港管理組合などと意見が分かれている。市は民間港の運営に支障が出ない軍港の配置改善案を10月までに提示する方針だ。

沖縄県知事 翁長雄志の「言葉」

沖縄タイムス社 (2018-09-13)
売り上げランキング: 64,807

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「やばい、知事の遺言が残ってた」動揺する記者 急転直下、裏取り急ぐ

 名護のトラウマ 沖縄知事選「接戦」報道に疑念 予想的中した現場感覚

 「なぜあんたが出ない」革新側に吹き続けたすきま風 宜野湾市長選の舞台裏

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
注目トピックス
大久保寛司が語る人と経営みらい塾
大久保寛司が語る人と経営みらい塾
お陰様で11周年目を迎えます。 今年も受講生が期待できるテーマを準備して引き続き開催致します。
食の多様性で観光立県 県内の取り組みをご紹介!
食の多様性で観光立県 県内の取り組みをご紹介!
国際観光都市を目指す沖縄。食の多様性への対応が求められています。その最前線を取材!
LINE@公式アカウント紹介企画
LINE@公式アカウント紹介企画
企業や団体の「LINE@」を紹介! 友だち追加でお得な情報やクーポンをゲットしよう!!
しまくとぅば広告
しまくとぅば広告
消滅の危機にある「しまくとぅば」をもっと使おう!
週刊沖縄空手が読み放題
週刊沖縄空手が読み放題
空手発祥の地・沖縄から毎週発信! 電子版で「週刊沖縄空手」が世界のどこでも読めます。
今日もがっつり!運転手メシ
今日もがっつり!運転手メシ
沖縄タイムスの運転手がつづるグルメブログ。「安い」「おいしい」「腹いっぱい」の食堂や総菜屋さんを紹介します。
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします