「銀河通信」の通信回線によって、没後80年を過ぎた宮沢賢治(1896〜1933年)へのインタビューが実現した。これは、宮沢賢治ゆかりの人びとを訪ね、とっておきの逸話をきかせてもらおうという特別企画「賢治さんの百話」の連載が一冊になる際に果たされたものである。