「海の青さに 空の青」。9月、台風一過の昼下がり、与那原町にあるリハビリ専門学校の教室に「芭蕉布」の音楽が広がった。歌うのは県失語症友の会「ゆんたく会」メンバーと家族、言語聴覚士の卵たち。輪の中心には、事務局長として会を立ち上げた女性の姿があった。