名護市辺野古の新基地建設埋め立て工事で、沖縄防衛局が6月21日付で県に提出した公共用財産使用協議書に関し、県は20日、サンゴ調査の終了時期や方法について確認する文書を送付した。 県は「加入(着床)状況がどの程度になれば幼サンゴの移植を検討するのか」と指摘。