学童クラブを利用する発達障がいなどの子どもについて、医学的専門知識を持つ作業療法士が遊びや生活の様子を観察し、支援方法を助言する県内初の試みが7〜8月の夏休み期間中、南風原町であった。