【北中城】村瑞慶覧区の仲村和子さん(86)=旧姓・桑江=は父の故郷国頭村安波や県立第一高等女学校で沖縄戦を体験した。長く戦争のことを話すことはなかったというが、戦後72年になり、戦争を風化させないという思いや憲法改悪で日本を再び戦争ができる国にしようという動きに大きな憤りを感じ、重い口を開いた。