【名護】野山の木々の上に花を咲かせるつる性植物のノアサガオ(ヒルガオ科)。咲いたばかりの花は青いが、やがて赤っぽくなるのが特徴。つるから出る花柄は一つだが時に複数の花柄が重なる個体も見られる。 北部農林高校寄合原農場前の道路沿い奥の茂みでノアサガオが群生して開花している。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。