ペリー元米国防長官の訪沖がワシントンで静かな話題を呼んでいる。 クリントン政権時代の1994年から97年まで国防長官を務めたペリー氏は、沖縄では米軍普天間飛行場の移設問題に深く関わった人物として知られている。