安倍晋三首相が28日の衆院解散を表明したことを受け、県幹部らは25日、「政権が代わる可能性は低い」と沖縄政策に大きな変更はないと冷静に受け止める一方、基地問題では「日本の安全保障を国民全体で議論する機会にしてほしい」と期待を込めた。