大企業の社員と家族が加入する健康保険組合の全国組織、健康保険組合連合会(健保連)は25日、74・5%の人が保険料や医療機関にかかった際の窓口での支払いなど、医療費の負担が重いと感じているとの調査結果を発表した。