安倍晋三首相は25日、臨時国会冒頭の28日に衆院を解散する意向を表明した。共同通信の世論調査でこの時期の衆院解散に64%の有権者が反対し、解散の大義名分が問われる中、県内各地の有権者は「また選挙ですか」などとうんざり。