名護市辺野古の新基地建設で、沖縄防衛局が海上作業ヤードの施工を取りやめたことを受けて、県は26日、ケーソン(コンクリート製の箱)を使用する護岸の構造を変更する場合は、設計概要の変更を申請し、知事の承認を得る必要があると文書で指摘した。また、護岸建設での地盤改良についても変更申請が必要になると示した。