気鋭の哲学者で立命館大准教授の千葉雅也さんの著書「勉強の哲学」(文芸春秋)が、人文書として異例のヒットとなっている。大学生協の売り上げから「東大・京大で一番読まれている本」としても話題に。常識を打ち破る勉強論とともに、教育者としての思いが込められている。 勉強とは、自己破壊である−。