沖縄タイムス紙面掲載記事

辺野古に絶滅危惧サンゴ/防衛省 県に移植許可申請へ

2017年9月28日 00:00

 【東京】名護市辺野古の新基地建設区域の辺野古側海域で、環境省が定める「海洋生物レッドリスト」で絶滅危惧2類の「オキナワハマサンゴ」など14群体が見つかり、うち1群体が現在も生存していることが27日、沖縄防衛局の調査で分かった。13群体は死滅、消失した。

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス紙面掲載記事のバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS