東京商工リサーチ沖縄支店が1日発表した5月の県内企業の倒産件数は4件で、前年同月から2件減少した。負債総額は54・2%減の3億1300万円となった。  同支店は好調な県内景気と金融支援効果から「倒産件数は小康状態を保っており、しばらくは維持する」と分析。