72年前の沖縄戦で「集団自決(強制集団死)」が起きた読谷(よみたん)村波平のチビチリガマが荒らされ、10代の少年4人が器物損壊容疑で逮捕された事件を受け、米軍基地内の子どもたちやその家族らが30日、ガマを訪ね、1万6千羽の千羽鶴を手向けた。