米軍統治下の沖縄に最大1300発の核ミサイルが配備されていたなどと放映したNHKの番組「沖縄と核」について、翁長雄志知事は9月27日の県議会代表質問で、「大きな衝撃を受けている」と感想を述べた。