旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」(東京都、牧野友衛社長)は9月29日、同サイトに投稿された写真を基に「夏のフォトジェニック観光スポット」を発表した。「フォトジェニック」は、「写真映えする」との意味の英語。外国人旅行者の部では、県内から南城市の「おきなわワールド 文化王国・玉泉洞」が5位に入った。琉球王朝時代の町並みを再現した城下町だけでなく、全長5キロの鍾乳洞が好評だったという。

外国人が投稿した玉泉洞の写真(トリップアドバイザー提供)

外国人旅行者の「夏のフォトジェニック観光スポット」

外国人が投稿した玉泉洞の写真(トリップアドバイザー提供) 外国人旅行者の「夏のフォトジェニック観光スポット」

 1位は北海道の洞爺湖。日本人旅行者の部では、1位が新潟県の弥彦神社、2位が富山県の瑞龍寺、3位が千葉県の成田山新勝寺で、トップ10入りした県内施設はなかった。

 ランキングでは、ことし7月15日から9月14日の投稿を集計した。