発酵食品販売の紅濱(浦添市、原島賢也代表)が製造する「飲むフルーツ酢 シークヮーサー」が、9月に東京ビッグサイトで開かれたグルメ&ダイニングスタイルショー2017の「新製品コンテスト・ビバレッジ部門」で上位から2番目の準大賞に選ばれた。同ショーには全国から167品が出展し、バイヤーら2万5千人が訪れた。

新製品コンテストのビバレッジ部門で準大賞を受賞した「フルーツ酢 シークヮーサー」(紅濱提供)

 飲むフルーツ酢は、沖縄本島北部産のシークヮーサー果汁を発酵した果実酢。シークヮーサー本来の酸味や香りが楽しめる。蜂蜜を加えたことで、まろやかな甘みもあるという。

 同ショーは全国の特産品を一堂に集めた展示会。コンテストは来場者の投票で10品目に絞り、フードコーディネーターなどで構成する審査会が大賞や準大賞を選ぶ。

 営業部の徳永増美課長は「子どもからお年寄りまで安心して飲める売れ筋商品。受賞は励みになる」と喜んだ。