沖縄タイムス社が2日に開いた衆院選沖縄2区の立候補予定者の討論会では、いずれも前職の照屋寛徳氏(72)=社民=と宮崎政久氏(52)=自民=が出席し、選挙区内に抱える米軍普天間飛行場の返還問題や、西普天間住宅地区の返還跡地を含めた沖縄振興などで論戦を展開した。