病気や交通事故などによる脳損傷で高次脳機能障害を負った人向けの運転免許教習体制を拡充しようと、県指定自動車学校協会と県作業療法士会が9月30日、豊見城市の県警察運転免許センターで合同講習会を開いた。