【伊良部島=宮古島】フラ愛好家の沖縄県内最大のイベント「カギマナフラ・イン・宮古島2017」(主催・宮古島市沖縄タイムス社)が6日午前開幕し、伊良部島の佐和田の浜前で奉納祈願フラが行われた。出演者や大会審査員を務めるハワイのクムフラ(フラの先生)、ツカサ(神女)らがカチャーシーを舞い、大会の成功を祈願した。

カギマナフラの成功を祈願し、カチャーシーを踊る大会出演者やツカサら=6日午前、宮古島市伊良部のホテルてぃだの郷

ツカサと共に、伊良部島の神に祈りをささげるクムフラやカギマナフラの大会出演者=6日午前、宮古島市伊良部のホテルてぃだの郷

伊良部島の神への祈願を終え、カチャーシーを踊るツカサ(神女)=6日午前、宮古島市伊良部のホテルてぃだの郷

カギマナフラの成功を祈願し、カチャーシーを踊る大会出演者やツカサら=6日午前、宮古島市伊良部のホテルてぃだの郷 ツカサと共に、伊良部島の神に祈りをささげるクムフラやカギマナフラの大会出演者=6日午前、宮古島市伊良部のホテルてぃだの郷 伊良部島の神への祈願を終え、カチャーシーを踊るツカサ(神女)=6日午前、宮古島市伊良部のホテルてぃだの郷

 奉納祈願フラを前に、出演者らは、伊良部島の住民が最も崇拝する農法や農具を広めた「赤良朝金(あからともかね)」がまつられている「比屋地(ピャーズ)御嶽」と、航海の守護神「玉メガ」がまつられている「乗瀬(ヌーシ)御嶽」を訪れ、祈りをささげた。

 大会審査員長を務めるマウイ島生まれのクムフラ、カマカ・クコナさん(39)は「大地や海に祈りをささげる文化はハワイと似ている。5回目の記念すべき年なのでイベントが上手いくよう願った」。祭場前でフラを舞った佐々木アケミさん(29)=石川県=は「すごいパワーのある場所で踊れて泣きそうになった。初めての宮古島なので習ってきたことをすべて出し切り楽しみたい」と気合を入れた。