国立科学博物館(東京都)は10日、同館研究員を含む6カ国11人の国際共同研究グループが、沖縄県うるま市具志川の更新世中期(90万~50万年前)の地層から、南半球だけに生息するコセミクジラの化石を北半球で初めて発見したと発表した。