沖縄県うるま市は10月から、島しょ地域の人口減少の対策と空き家の活用を促すため、宮城島などで空き家を低料金で貸し出す「お試し移住」事業を始めている。移住希望者に地域の雰囲気を体感してもらい、空き家の所有者にも、その活用方法を意識してもらうのが狙いだ。 事業は移住を検討している人を対象に実施。