沖縄市知花の児童養護施設「美さと児童園」に8日、東京ディズニーリゾートからミッキーマウスとミニーマウス、親善大使「アンバサダー」の福本望さん(26)が訪れ、約20人の子どもたちと交流した。

子どもたちにハグをするミッキーマウス(中央)と、アンバサダーの福本望さん(右端)=8日、市知花の「美さと児童園」

 訪問は同園が2012年に依頼して実現。子どもたちはディズニーのキャラクターが描かれたTシャツを身に着けて歓迎した。

 ミッキーとミニーは音楽に合わせてダンスを披露。その後は子どもたち一人一人とハグをして、お鼻同士でキス。友情の印としてファンカードを配り、子どもたちと触れ合った。

 感極まって涙ぐんだ15歳の少女は「大好きなミッキーとミニーに抱き締められてうれしい。夢のひとときを過ごせた」と笑顔だった。

 宮城光宏園長は「子どもたちに夢と希望を与えてくれ、良い経験になった」と感謝した。