沖縄タイムス+プラス プレミアム

【解説】辺野古差し止め訴訟 問われる司法の姿勢 最高裁判例どう解釈

2017年10月11日 08:19

 辺野古差し止め訴訟の第1回口頭弁論で県側代理人は、「無許可で岩礁を破砕しようとする国側の違法性を指摘する紛争は、裁判所で終局的に解決できる」と訴えた。

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス プレミアムのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS