真和志村真地(現那覇市)の地元で「四方地の壕(シッポウジヌガマ)」と呼ばれる洞窟を拡張、整備した壕。1945年3月から、荒井退造警察部長らが使い、4月25日には島田叡(あきら)知事らが移動してきた。