沖縄県によると、沖縄戦の全戦没者数は推計20万656人で、うち一般県民が9万4千人。県出身者のうち強制的に動員されたにもかかわらず、統計上は軍人・軍属2万8228人の一部に含まれる防衛隊や学徒隊を合わせると、軍人を上回る民間人が犠牲になった。