義肢装具を開発、販売する佐喜眞義肢(金武町、佐喜眞保社長)が海外展開を本格化させている。1日には総合商社のシーサー(那覇市、中山雄飛代表)と販売代理店契約を締結し、中国で営業を開始。中国でも高齢化が進んでおり、義肢装具の需要が今後も高まると見込んだ。