沖縄県は13日、9月にハブが初確認された粟国島で、新たに子ハブが発見されたと発表した。前回発見場所から約200メートル離れており、県の担当者は「繁殖とまでは言えないが、親子の可能性はある」としている。

粟国島でみつかった子ハブ(県提供)

 県衛生薬務課によると、13日午前10時半ごろ、粟国村東の塩工場の事務所で、入り口のアルミ戸に子ハブが挟まっているのを工場従業員が見つけた。村職員が県衛生環境研究所(うるま市)に運び、全長53・5センチ、体重29・1グラムの雌の子ハブと確認した。生後1~2カ月とみられ、運搬中に死亡したという。

 県は前回発見の雌は島外から持ち込まれたとみている。担当者は「仮に親子でも、雄が未発見のため島外で交尾した可能性はある」と話した。ハブに詳しい琉大熱帯生物圏研究センターの戸田守准教授も「前回発見のハブの大きさからすると卵の数は4~5個で産卵数は少ない。繁殖とはまだ言えない」と話した。

 県は前回発見した9月2日以降、捕獲器などを設置して生息状況を確認するとともに、粟国診療所にハブ抗毒素を配備している。ヘビを見つけたら触らず村に連絡するよう呼び掛けている。