高齢者に多い「大腿(だいたい)骨近位部骨折」について、近畿大や大阪医大の研究グループが人口10万人当たりの発生率を都道府県別に調べた結果、沖縄は男性が全国一高く、女性は全国で2番目に高かったことが14日、分かった。また、全国の中部から関西、九州など西日本で高い傾向がみられる。