2017年度沖縄タイムス選抜芸能祭の3日目の公演が14日、那覇市のタイムスホールであり、伝統芸能選考会の新人、優秀、最高の各賞入賞者が出演した。それぞれ磨いてきた琉球舞踊や古典音楽を晴れの舞台で繰り広げた。

「若衆こてい節」を踊る本年度新人賞入賞者=14日、那覇市久茂地・タイムスホール

 優秀賞の島袋浩大さん(23)は「下り口説」を独舞で披露。「師匠や地謡の方々のおかげできょうの舞台で踊れた。次は最高賞を目指したい」と引き締まった表情で話した。

 同公演は15日もある。入場料1500円。22日のグランプリ公演は2千円。いずれもタイムスホールで午後5時開演。問い合わせは沖縄タイムス社読者局文化事業本部、電話098(860)3588。