沖縄県内各地の選挙管理委員会は、16日に発生した台風21号が接近した場合の衆院選(22日投開票)への影響を懸念し、対応にやきもきしている。各候補者の事務所でも台風の動きを注視。「期日前投票の徹底」を呼び掛けている。 県選挙管理委員会の担当者は「まだ台風の動きがどうなるか分からない。