沖縄タイムス+プラス ニュース

辺野古で国は沈黙 首相「基地負担減に全力」

2015年6月24日 07:21

 沖縄全戦没者追悼式では、就任後初めて平和宣言した翁長雄志知事が、普天間飛行場の辺野古移設中止を求めた。鎮魂の場であえて政府に踏み込んだメッセージを伝え、戦後70年を経ても過重な米軍基地負担の解消が不十分な現状を県内外に印象づけた。

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS