沖縄タイムス+プラス ニュース

放射能汚染調査「異常値検出されず」 沖縄ヘリ炎上で国と県が会見

2017年10月18日 16:34

 沖縄県東村高江で米軍普天間飛行場所属のCH53E大型輸送ヘリが炎上した事故を巡り、沖縄防衛局の伊藤晋哉企画部長と沖縄県環境部の大浜浩志部長は18日午後、沖縄県庁で会見し、現場周辺の放射能汚染調査で「異常な値は検出されなかった」と発表した。伊藤部長は「安全宣言ととらえてもらっていい」と述べた。

沖縄県東村高江で炎上した米軍ヘリ。機体の一部に放射性物質が使用されていた

 県環境部の大浜部長は、17日に炎上地点を含む事故現場付近で測定器(サーベイメーター)を用いて放射線の量を測定したが「異常な値は検出されなかった」と強調。環境放射線の専門家で琉球大学の古川雅英教授からも「通常の自然界のレベルで問題ない」とのコメントを得たとした。

 測定場所は炎上現場1地点、炎上現場の東西南北4地点、炎上現場の風上と風下の各1地点。比較対象として、事故現場から離れた国頭村安田の家畜改良センターでも計測。現場付近と比較して差がないのを確認したという。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
前の記事へ 次の記事へ
連載・コラム
きょうのお天気