沖縄こどもの国で飼育されていた雌ライオンのリンゴ(18歳2カ月)が16日午前10時40分、老衰のため死んだ。ライオンの飼育下での寿命は15年といわれており、リンゴは高齢だった。 2004年11月に大分県のアフリカンサファリから迎えられた。