沖縄タイムス創刊70周年プレ企画「夢の種まきプロジェクトMASAマジック小学校巡回事業」が18日、久米島町の仲里小学校(山里昌樹校長)であった。1~6年生130人がMASAさんのマジックに歓声を上げた。

MASAさん(右から2人目)のマジックを見て驚く子どもたち=18日、久米島町の仲里小学校

 MASAさんは、まだふたを開けていないペットボトルにカードを入れるなどのマジックを見せながら「夢をかなえるには夢を口に出して言うこと。将来をイメージして自分を信じること」と話した。

 舞台上でMASAさんの助手をした6年生の宇根奈筒子(なつこ)さん(12)は「赤ちゃんが好きだから助産師さんになるのが夢。だけどきょう、マジシャンにもなりたくなった」と声を弾ませた。

 巡回事業の主催は沖縄タイムス社、協賛は沖縄銀行、ざまみダンボール、ワオ・コーポレーション。(真栄平京子通信員)