超大型で非常に強い台風21号の接近に伴い、沖縄気象台は21日午前10時40分、沖縄県の大東島地方に暴風警報を発表した。同日夕方から暴風となり、22日未明に最も接近する見込み。沖縄本島地方も同日夜遅くから暴風となるという。

台風21号による高波がぶつかり、高さ10メートルほどの波しぶきを上げる南大東村亀池港=21日午前11時15分ごろ

台風21号の進路予想図(気象庁HPから)

21日午前10時50分現在の台風21号の画像(気象衛星ひまわり8号リアルタイムwebから)

台風21号による高波がぶつかり、高さ10メートルほどの波しぶきを上げる南大東村亀池港=21日午前11時15分ごろ 台風21号の進路予想図(気象庁HPから) 21日午前10時50分現在の台風21号の画像(気象衛星ひまわり8号リアルタイムwebから)

 台風は21日午前9時には日本の南の海上にあって、時速約15キロで北東に進んでいる。中心の気圧は925ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルで、中心から半径280キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。中心から半径950キロ以内では、風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 気象庁によると沖縄本島地方と先島諸島では、大陸の高気圧と台風との間で気圧の傾きが大きくなっているため、強い風や非常に強い風が吹いており、台風の暴風域に入らない場合でも、本島地方では21日夜遅くには暴風となる見込み。先島諸島でも暴風となるおそれがあるという。

 21日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は大東島地方が北東の風45メートル(65メートル)、本島地方が北の風25メートル(35メートル)、先島地方が北の風      23メートル(35メートル)となっている。

 沖縄地方の沿岸の海域では、うねりを伴い大しけとなっており、海上や海岸付近では高波に警戒を。大東島地方は22日にかけて猛烈にしける見込みで、うねりを伴った高波に厳重な警戒が必要。【タイムス+プラス編集部】