沖縄タイムス+プラス ニュース

米軍ヘリ炎上:規制線解除から一夜 育てた牧草は踏み倒されて変色

2017年10月21日 13:24

 沖縄県東村高江の米軍ヘリ炎上事故現場では、規制線の解除から一夜明けた21日、事故機のあった周辺がブルーシートで覆われていた。現場は牧草地で、収穫目前だった牧草が米軍のトラックなどに踏み倒されて茶色に変色していた。

米軍ヘリが炎上した現場を訪れた地権者の西銘晃さん。事故機があった場所はブルーシートで覆われ、足元の牧草は踏み倒されて茶色に変色していた=21日午前11時25分、東村高江

 地権者の西銘晃さん(64)によると、所有する牧草地は18ヘクタールで、事故現場となった2ヘクタールはトラックや重機に踏み倒され「ここの牧草は商品にならない」という。「30年かけて育ててきた土壌。回復するのに何年かかるのか」とため息をついた。

 また、現場周辺には事故機の一部とみられる小さな金属片やペットボトルなどが落ちていた。西銘さんは「人がいたからしょうがない。マナーの問題だ」と言葉少なだった。

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236
前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください