沖縄タイムス+プラス ニュース

辺野古着工1年 県と国で深まる溝

2015年7月1日 10:01

 米軍普天間飛行場返還に伴う名護市辺野古の新基地建設で、沖縄防衛局が昨年7月1日にキャンプ・シュワブ内の建物解体工事に着手してから1年となった。米軍普天間飛行場の移設作業が本格化し、同8月には海上作業が始まった。

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS