瑞穂酒造(那覇市、玉那覇美佐子社長)は23日、戦前の泡盛製造に使われていた黒麹(こうじ)菌を復刻させた新商品「イヌイ菌仕込み原酒」を発表した。27日から那覇市の奥武山公園などで開かれる第41回沖縄の産業まつりで600本を限定発売する。

瑞穂酒造の「イヌイ菌仕込み原酒」

「イヌイ菌仕込み原酒」をPRする瑞穂酒造の仲里彬主任(左から2人目)ら=23日、沖縄タイムス社

瑞穂酒造の「イヌイ菌仕込み原酒」 「イヌイ菌仕込み原酒」をPRする瑞穂酒造の仲里彬主任(左から2人目)ら=23日、沖縄タイムス社

 アルコール度数53度、720ミリリットル入りで、2500円。古酒を感じさせるような柔らかな味わいで、マッシュルームやキノコを連想する香りがある。黒麹菌の特徴を味わえるよう原酒で提供する。

 故坂口謹一郎東京大学名誉教授が戦前に県内酒造所から採取し、東大で保存されていた黒麹菌のうち、現在はほとんど流通していないイヌイタイプを使用した。県内研究機関で安全性などを確認し、石川種麹店(渡嘉敷みどり代表)が種麹として商品化。瑞穂酒造が伝統的な手法で製造した。

 同酒造の仲里彬主任は「産業まつりでは原酒の飲み比べを行うので、イヌイタイプの特徴を感じてほしい」と来場を呼び掛けた。

【タイムスプラス編集部追記】第41回沖縄の産業まつりは台風22号接近のため中止となりました。瑞穂酒造の「イヌイ菌仕込み原酒」は、27日から同酒造天龍蔵で販売します。