「沖縄のガンジー」と呼ばれた伊江島の非暴力抵抗運動のリーダー、故阿波根昌鴻さんは記録の大切さを説き、膨大な資料を残した。