沖縄防衛局が名護市辺野古の新基地建設に向け護岸工事に着手して25日で半年がたった。今後、焦点となるのがサンゴ移植に係る特別採捕許可への対応だ。工事の現状とともに、今後の見通しをまとめた。