沖縄県と那覇市は11月から、修学旅行生や観光客向けの貸し切りバスの仮設待機場を設け、那覇市内の渋滞を緩和する実証実験を始める。乗客が国際通りなどの観光地を巡る間、迷惑駐車したり、走行しながら時間待ちをしたりするバスがあり、交通渋滞を引き起こしている。